忍者ブログ
since 2007.1
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

洞爺湖サミットの影響もあって、環境問題が、世の中を賑わせている。

新聞や雑誌などでも、よく環境問題をとりあげているが、

違和感があることが一つある。

それは、「いま、地球が危機にさらされている。」といった類の記述だ。



別に、地球は、二酸化炭素濃度が増えようが、石油が枯渇しようが、

砂漠化が進もうが、北極の氷が溶けようが、オゾン層に穴があこうが、

危なくないんじゃないの?



危機にさらされているのは、人類と人類史が始まって以来、

人類が当たり前に享受してきた環境であって、

危機にさらされているのは、ようするに「人類」なのではなかろうか。



46億年前に地球が誕生したときには、生物はいなかったし、

海ができるまでに5億年くらいかかったとも言われている。

オゾン層なんてものは、そもそも存在しておらず、

太陽からの強烈な紫外線によって酸素からオゾンができて

オゾン層を形成したにすぎない。

隕石が激突して、舞い上がった塵で太陽光線が遮られ、

気温が下がって恐竜が絶滅したりもしたとも言われている。

地球は、そんな幾多の変遷を経てきているのだがら、

上に書いたような変化も、「地球にとっては」大したことではない。



もっとも、人類が生きていくのに、いろいろ困ったことが生じている

ことは定できないし、環境問題を論じることは重要だと思う。

ただ、そのことを表現するのに「地球があぶない」ってのは、

やめにしてほしい。



地球を救うために人類が立ち上がるって言うと、なにやら、

他者愛のように聞こえるが、いまの環境問題は、人類を救うために

人類が立ち上がるんだから自己愛のはずなのだ。



そこのところを明確にするために、「地球が危ない」という表現は、

総じて「人類が危ない」と言い換えるべきだと思う。



こういうことを言うと、危機にさらされているのは、人類以外の

すべての生物でないかと言う人もいるけれど、人類が環境問題に

取り組むのは、人類のためであって、他の生物のためではない

と、僕は思っている。他の生物が絶滅して、環境変化が

おこると人類が困るから、頑張って保護してるのではないのかな?

だって、絶滅しても困らない天然痘は絶滅させちゃったわけだしさ。



↓ホームはこちら

http://minami-lo.jp/

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター