忍者ブログ
since 2007.1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年2月12日加筆訂正

井山八段(名人獲得後九段に昇進)、史上最年少名人獲得おめでとう!
って平成生まれですか…。昭和は遠くなりにけり。
名人位に限れば、林海峰名人(当時)の23歳4ヶ月、7大タイトルでいっても
趙治勲王座(当時)の20歳5ヶ月を上回る、20歳4ヶ月での獲得だそうで。
林さんも趙さんも、超一流棋士だけに、井山名人も将来が楽しみですね~。

去年は3勝4敗の惜敗でしたが、今年は4勝1敗と圧勝。
張名人は5冠制覇で全7冠制覇も夢じゃないと言われていただけに、
強力なライバルが出現ですねぇ。

なにより、関西棋院所属なのが嬉しいです!

関西棋院ではなくて日本棋院関西総本部所属でした。
いずれにしろ、関西出身、関西所属棋士で嬉しいです!
PR
「もはや、新米ではなかろ?」といわれたので、タイトルを変えてみました。

そのついでに、できるだけ更新が続くように趣味に関する日記にしてみました。

まぁ、どこまで続くか知りませんが。



囲碁の張栩4冠(天元、名人、王座、碁聖)が、十段を獲得して

囲碁史上初の5冠(残りは、棋聖と本因坊の2冠)を達成しました。



私が、囲碁に最もはまっていた時期は、趙治勲全盛期で、

私も趙さんのファンですので、趙さんの記録が抜かれるのは寂しいですが、

まぁ、時代の流れですね。



それに、だからといって趙さんの偉大さがなくなるわけでもないですし。



囲碁界には、大三冠という言葉もあって、これは、名人、棋聖、本因坊を

同時に獲得することなのですが、なぜ、この3タイトルだけ特別視されるのかというと、

挑戦者をリーグ戦で決定して、しかも、タイトル戦が7番勝負(他はトーナメント戦で

5番勝負)だからです(賞金も多いです)。



一発勝負のトーナメントよりリーグ戦の方が実力差がでやすいから、

この3つを同時制覇する者が真の実力者という意味かと思います。



この大三冠は、趙さんしかやってないのですが、今の張5冠の勢いからすると、

7冠同時制覇(当然、大三冠)も夢ではなさそうですね。



そういえば、イチローも新記録達成しましたね~。


↓ホームはこちら

http://minami-lo.jp/



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター