忍者ブログ
since 2007.1
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先だって、例の胴体着陸のニュースをみていたところ、

名刺にびっしりとメモをしていた方のことがニュースになっていました。

確かに、万が一の場合に、名刺にメモをしておけば、

燃え残りさえすれば、誰のメモか分かるので、あれは

なかなかえらいなぁ、などとTVの前で思っておりました。



ところで、「もし私が死んだら、財産は、すべて妻に譲る」と

書いた名刺が、航空機事故現場から発見されたら、

法律上の遺言として認められると思いますか?

(ちなみに法律用語では、「遺言」は「いごん」と読みます。)



正解は、認められない、です。



遺言には、一定の形式が整っていることが必要です。

様々なやりかたがありますが、飛行機の中で、万が一に備えて!

というような場合であれば、自筆証書遺言が適当でしょう。



自筆証書遺言の要件は、

1 すべて、遺言者の自筆で書いてあること(年月日も含めてです)。

2 遺言書作成日が記入されていること。

3 遺言者の署名・捺印があること。

です。



これなら、書くものと紙さえあれば、なんとかなりますね。

印鑑もってないよ~って場合も、拇印でOKなので大丈夫です。



本当は、万が一の場合に出くわさないのが一番いいんですけどね。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター