忍者ブログ
since 2007.1
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は、裁判所で和解期日がありました。

 

通常の訴訟であれば、裁判官と原告、被告の三者が、同じ法廷にいて、

手続がすすむのですが、和解期日では、原告と被告が、裁判官のいる

法廷(TVとかに出てくるような法廷ではなく、ラウンド法廷と呼ばれる

非公開の法廷があります)に交代で入って、それぞれの和解条件を

裁判官に伝えて、和解条件を詰めていくという作業がなされます。

 

一方が法廷に入っている間は、もう一方は待合室で待っていて、

交代するときには、裁判所書記官や、時には相手方の弁護士が

呼び来てくれることになっています。

 

ところが、昨日、原告本人と私が待合室で待っていたところ、

なんと裁判官本人が、私たちを呼びに来たのです。

 

「書記官は、どうしたんやろう?」などと思って、

ふと時計をみると17時3分。

 

さすが、裁判所は司法権の担い手ですね。

書記官という労働者を、8時間以上拘束して労働させることは

しないようです。これでこそ「定時」退社。

 

「今日は定時退社なの~♪」などと喜んでいる人を見かけますが、

今日「は」、という限定型の時点で、もはや「定時」ではないのでは

なかろうかと思います。

 

↓ホームはこちら

http://minami-lo.jp/

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター